作品概要

夢(ベッド)》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1940年から1940年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《夢(ベッド)》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1940年に制作された作品である。

生と結びつく死

世界の他の多くの国々とは異なり、メキシコでは「死」は悼むべきものではなく、「死者の日」という祭典において死者とともに祝われる。奇妙に思うかもしれないが、メキシコでは、死と生は複雑に結びついている。死者の日には家族が集まり、祭壇をマリーゴールドや砂糖で作った骸骨で飾り付け、故人への思いを家族で語り合う。この祭壇は家の中だけでなく、町の中にも設置され、町は骸骨だらけになる。この骸骨は死の象徴でもあるが、同時に生と再生の象徴でもある。

爆弾のつけられた骸骨

1940年に描かれたこの作品《夢(ベッド)》で、フリーダは彼女の感情と死の受容を表現した。実生活において、フリーダは自身のベッドの天蓋に骸骨を飾っていた。彼女の夫、ディエゴ・リベラはそれをフリーダの恋人と呼んだが、フリーダは「これは人々の死すべき運命をただ面白く思い出させるもの」だと言った。

この作品では、フリーダと骸骨の二人が、それぞれ二つの枕に頭を置き、ベッドの上に横たわっている。フリーダが眠っている間、骸骨は目を覚ましてそれを見ている。骸骨には爆弾がつけられており、この爆弾はいつでも爆発しそうである。フリーダの体にある緑の植物は、生命と再生の象徴である。背景の雲は明るく風に吹かれ、ベッドは空に浮かんでいるようである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名夢(ベッド)
  • 英語名The Dream (The Bed)
  • 分類絵画
  • 制作年1940年 - 1940年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ74cm
  • 横幅98.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 夢(ベッド)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。