作品概要

ドロシー・ヘイルの自殺》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1938年から1938年で、フェニックス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ドロシー・ヘイルの自殺》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1938年に制作された作品である。

女優の自死

ドロシー・ヘイルはアメリカの女優でありショーガールであり、フリーダの友人でもあった。夫が自動車事故で死亡した後、仕事面で失敗した彼女は深刻な財政難に陥り、裕福な友人たちに頼って生活しなければならなかった。そんな生活の最中、1938年10月21日、ドロシーは自殺した。彼女はニューヨークの高級マンションの一番上の窓から小さな黄色いバラのコサージュを付けて飛び降りた。

奉納画の様式で描かれた衝撃的な場面

この作品は、フリーダの最も衝撃的でかつ物議をかもしている絵の1つである。これはヘイルの自殺のあらゆる段階の詳細を描いている。ヘイルがバルコニーの上に立っているところ、落下しているところ、血まみれで道路の上に横たわっているところを示している。フリーダはこれを、聖母やキリスト教の聖人などを描いて教会に奉納する「奉納画」の様式で描いた。

絶望した女性に対する同情

この作品が描かれた当時、フリーダは夫ディエゴとの別れを経験し、深い憂鬱状態にあり、自殺という考えを抱いていた。この絵は、男性に捨てられることによって絶望した女性に対する、フリーダの思いやりを反映しているかもしれない。追悼のために描かれてドロシーの母に捧げられたが、彼女はショックのあまり受け取りを拒否したという。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名ドロシー・ヘイルの自殺
  • 英語名The Suicide of Dorothy Hale
  • 分類絵画
  • 制作年1938年 - 1938年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵フェニックス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ60.4cm
  • 横幅48.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ドロシー・ヘイルの自殺の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。