作品概要

羊の頭のある静物》は、画家のフランシスコ・デ・ゴヤによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

ゴヤを代表する静物画作品。ゴヤの内面を表したかのような粗野しく物悲しい作品です。あまりにも実直で理想を排除したその写実主義的な描写からは、美を超越した何かを感じ取ることができます。羊の頭部を見てください。まるで全てを達観、諦観するかのようなとろんとした瞳と欠けてボロボロの歯が印象的です。人生の虚しさのようなものこちらに訴えているかのように思えます。ちなみに、羊の頭部の頬下には流れた羊血で「goya(ゴヤ)」と記されているのが分かります。


基本情報・編集情報

  • 画家フランシスコ・デ・ゴヤ
  • 作品名羊の頭のある静物
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 羊の頭のある静物の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。