作品概要

マリアナ・モリーロ・サファの肖像》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1944年から1944年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《マリアナ・モリーロ・サファの肖像》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1944年に制作された作品である。

痛みを描いた画家

メキシコを代表する画家であるフリーダ・カーロは、精神的な苦痛をよりよく理解するために、長期にわたる試みにおいて、肉体的な苦痛の視覚的象徴性を用いた。カーロの努力より以前にも、喪失、死、自我といった主題は、男性画家によって比較的よく探求されていたが、まだ女性によってはそこまで詳しく描かれていなかった。実際、カーロは既存の主題を描き出しただけででなく、それを拡張して独自の言語にしている。

親しい家族の少女

描かれている少女、マリアナは、エドゥアルド・モリーロ・サファの娘であった。エドゥアルドは、フリーダの長年にわたる後援者であり、友人でもあった農業技術者である。本作《マリアナ・モリーロサファの肖像》は、エドゥアルドがフリーダに対して依頼した家族の肖像画の6つのうちの1つである。

フリーダは、マリアナの肖像画を描いている間、よくこの少女の世話をしていた。温かみのある色調を使用することによって、フリーダは優しさとともに少女を描いた。古代メキシコ人は、戦士のベストと鎧の下に身に着けた葉が、彼らを保護すると信じていた。濃い葉の背景とマリアナのドレスの葉の模様は、これと同じ目的を果たしている。エドゥアルドの家族は、1954年にフリーダが亡くなるまで、彼女の親しい友人であり続けた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名マリアナ・モリーロ・サファの肖像
  • 英語名Portrait of Mariana Morillo Safa
  • 分類絵画
  • 制作年1944年 - 1944年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ40cm
  • 横幅28cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • マリアナ・モリーロ・サファの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。