作品概要

デトロイトのウィンドウ・ディスプレイ》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1931年から1931年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《デトロイトのウィンドウ・ディスプレイ》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1931年に制作された作品である。

痛みを描いた画家

フリーダ・カーロは、精神的な苦痛をよりよく理解するために、長期にわたる試みにおいて、肉体的な苦痛の視覚的象徴性を用いた。カーロの努力より以前にも、喪失、死、自我といった主題は、男性画家によって比較的よく探求されていたが、まだ女性によってはそこまで詳しく描かれていなかった。実際、カーロは既存の主題を描き出しただけでなく、それを拡張して独自の言語にした。

アメリカの寓意

この作品におけるライオンと馬は、フリーダの個人的なコレクションである陶磁器およびテラコッタのフィギュアをほぼ模倣したものである。この作品は、店のウィンドウの中の物を描いた単純な「静物」画であるように見えるが、描かれているものたちは非常に精力的であり、おそらくアメリカの寓意として存在していると考えられる。

悲しみをもたらす醜さ

本作には紛れもなく「1931」と制作年が書かれている。しかしフリーダは1931年にはニューヨークにおり、デトロイトには1932年になるまで滞在していなかった。彼女はニューヨークで絵の製作を始め、その後デトロイトで完成させたのかもしれない。フリーダの同伴者であった芸術家のルシエン・ブロッホは、ニューヨークでフリーダと一緒にいたときを思い出し、この絵の原動力となったウィンドウ・ディスプレイを見たと語っている。

後のインタビューにおいて、フリーダは本作についてこうコメントしている。「デトロイトで私は多くのものがあるショーケースを見て、多くの悲しみを与える非常に醜い絵を描いた」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名デトロイトのウィンドウ・ディスプレイ
  • 英語名Window Display In A Street In Detroit
  • 分類絵画
  • 制作年1931年 - 1931年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵個人 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ30.3cm
  • 横幅38.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • デトロイトのウィンドウ・ディスプレイの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。