作品概要

黒の円》は、画家のカジミール・マレーヴィチによって制作された作品。制作年は1915年から?で、ロシア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《黒の円》は、ロシアの男性画家カジミール・マレーヴィチ・によって1915年に制作された作品である。ロシアのロシア美術館に所蔵されている。

シンプルな表現法法

最初はシンプルな黒い丸が白いキャンバスの右上に描かれているただのシンプルな絵に見えるだろう。しかし近くでよく見てみると表面にとてつもない精神的な意味を感じ、見る者を引き込んでいく。

この作品は《黒の正方形》と共に、シンプルな色彩で描かれた純粋な幾何学的な形を描いた最も有名な絵画の一つである。1915年12月にサンクト・ペテルブルグで開かれた展覧会に一番最初に出展された。そこには35点の抽象画が展示されており、《黒の円》はこの中の一つであった。

芸術活動

カジミール・マレーヴィチは彼の作風でアヴァンギャルドの絶対主義派運動を始め、ロシア画家の幾何学的抽象絵画の先駆者として知られている。究極の芸術とは、精神的な感情を表現することだと主張したマレーヴィチは《黒の円》、そして《黒の十字》、《黒の正方形》は現代美学の精神世界を象徴するものだと説明している。

彼の作品スタイルは当時のロシアの伝統的な信仰をシンプル且つ明瞭に反映しており、後にスターリン政権下の下、彼の現代的な思想は排除されることとなる。マレーヴィチのマニュフェストは、芸術家達をどのようにして優れた無対象の世界へ解放するか説明している。宗教画のような見ている側にも共感してもらえるな絵画制作の研究をし、全ての人に理解してもらえる作品を描こうとした。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カジミール・マレーヴィチ
  • 作品名黒の円
  • 英語名Black Circle
  • 分類絵画
  • 制作年1915年 - 不明
  • 製作国ロシア
  • 所蔵ロシア美術館 (ロシア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ54.3cm
  • 横幅55cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 黒の円の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。