作品概要

ひよこ》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1945年から1945年で、ドローレス・オルメド・パティニョ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ひよこ》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1945年に制作された作品である。ドローレス・オルメド・パティニョ美術館に所蔵されている。

精神状態の反映

フリーダ・カーロは18歳のとき、乗っていたバスと路面電車の衝突事故で重傷を負い、痛みと戦う病院生活の中で絵を描き始めた。その後著名な壁画家であったディエゴ・リベラと出会って結婚するも、三度の流産を経て1939年11月に離婚する。しかし彼らは1940年12月に再婚した。彼らは再婚していても、別居を続けていた。

この作品は、1945年に描かれた。その時、夫ディエゴ・リベラとの関係は壊れており、彼女の最愛の父親は亡くなったばかりで、彼女自身の健康状態は悪化していた。これらすべてのことが、フリーダの精神を弱らせた。

ひよこの解釈

この作品は、弱々しく繊細な赤ん坊のひよこが、巨大な二匹のクモによって脅かされている。ひよこは無力で、その運命をただ立って待っているようである。このひよこはもちろん、フリーダ自身を表している。

その他にも、ひよこは彼女の夫のディエゴ・リベラであるという解釈もある。壊れた枝の山の上に立っているひよこは、周りの状況に気づいていないようでもある。ライラックの花束は忠実さの象徴であり、ひよこは決してそこまで達することができないように見える。

フリーダはこの絵について文章や口頭での解説を残さなかったので、その真の意味については、鑑賞者が推測するほかない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名ひよこ
  • 英語名The Chick
  • 分類絵画
  • 制作年1945年 - 1945年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵ドローレス・オルメド・パティニョ美術館 (メキシコ)
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ27.2cm
  • 横幅22.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ひよこの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。