作品概要

小さい猿のいる自画像》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1945年から1945年で、ドローレス・オルメド・パティニョ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《小さい猿のいる自画像》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1945年に制作された作品である。ドローレス・オルメド・パティニョ美術館に所蔵されている。

動物たちとの生活

フリーダ・カーロは18歳のとき、乗っていたバスと路面電車の衝突事故で重傷を負い、痛みと戦う病院生活の中で絵を描き始めた。その後著名な壁画家であったディエゴ・リベラと出会って結婚するも、三度の流産を経て1939年11月に離婚する。しかし彼らは1940年12月に再婚した。彼らは再婚していても、別居を続けていた。フリーダは彼女が好んだ田舎で動物、人形や花と一緒に暮らした。こうした生活は、彼女の人生の主要な部分を占めている。

自然界とのつながり

1938年、フリーダ・カーロは、この自画像において、バス事故やディエゴについては言及していない。代わりに、彼女は先住民族主義への微妙な言及のもと、本作を描いた。絵画における文体的なつながりは、人間と自然界との循環的なつながりに対する先住民の宗教的信念を際立たせている。これらの哲学は、ペットの猿、犬(ショロトル氏)、先コロンブス期の偶像が、リボンで結びついている点に見ることができる。

フリーダはキャリアを通し、彼女自身を自然界とつなげようとした。この自然との結びつきは、首を抱く猿の腕の曲線、猿の周りの根のようなリボン、巧みに髪の毛に織り込まれたピンクのリボンによって補強されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名小さい猿のいる自画像
  • 英語名Self Portrait with Small Monkey
  • 分類絵画
  • 制作年1945年 - 1945年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵ドローレス・オルメド・パティニョ美術館 (メキシコ)
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ39.5cm
  • 横幅34.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 小さい猿のいる自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。