作品概要

マグノリア》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1945年から1945年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《マグノリア》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1945年に制作された作品である。

痛みを探求した画家

フリーダ・カーロは、精神的な苦痛をよりよく理解するために、長期にわたる試みにおいて、肉体的な苦痛の視覚的な象徴性を用いた。カーロの努力より以前にも、喪失、死、自我といった主題は、男性画家(アルブレヒト・デューラー、フランシスコ・デ・ゴヤ、エドヴァルド・ムンクら)によって比較的よく探求されていたが、まだ女性によってはそこまで詳しく描かれていなかった。実際、カーロは既存の主題を描き出しただけでなく、それを拡張して独自の言語に仕上げた。

晩年期の静物画

この作品は、ジョージア・オキーフの描いたマグノリアに触発されたものである。違いは、カーロの絵ではマグノリアはつぼみの段階にあるが、ジョージア・オキーフのものでは花が満開であるという点である。フリーダの作品では、マグノリアの束の中央に大きなオプンティアの花がある。この花は非常に敏感で、咲いたとしても数時間しか開き続けることがない。

オプンティアの花は、フリーダ・カーロの絵画の多くに登場する、生と死の表現である また、フラワーアレンジメントの右側には、全く開いていないカラーリリーがある。カラーリリーは、夫ディエゴ・リベラの好きな色を持つ花であり、ディエゴが多く描いたため、フリーダもこの作品に登場させたのであろう。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名マグノリア
  • 英語名Magnolias
  • 分類絵画
  • 制作年1945年 - 1945年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人 (メキシコ)
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ41cm
  • 横幅57cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • マグノリアの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。