作品概要

黒の正方形》は、画家のカジミール・マレーヴィチによって制作された作品。制作年は1915年から?で、トレチャコフ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《黒の正方形》は、ロシアの男性画家カジミール・マレーヴィチ・によって1915年に制作された作品である。ロシアのトレチャコフ美術館に所蔵されている。

究極の表現法法

ロシア絵画の中で一際有名なマレーヴィチが描いた絵画、《黒の正方形》はロシアのアヴァンギャルドな作品として位置付けられている。《黒の正方形》は4つ描かれており、最初の作品は1915年に完成し0.10展に出展された。

この作品が制作される前、マレーヴィチは18ヶ月間スタジオに籠り、30点以上の非具象芸術作品を試作している。そして完成させた非具象芸術シリーズの中にこの《黒の正方形》が含まれている。彼が生み出したシュプレマティスムは新しい幾何学的な形を主体にした表現法を主体としている。他の作品は筆跡あえて残す技法を用いたり、アシンメトリーの構図で描かれている。それに対して、この作品は筆の質感を消し、完全なシンメトリーになっている。これこそマレーヴィチの幾何学的で抽象的な最高峰作品であり、シュプレマティスムである。人間の感覚を表現する上で辿り着いたのが、モノを描くことをやめキャンバス上での無であった。白いキャンバス上に黒、つまり無を描くことで究極の感覚を表現している。

つい最近まで、シンプルに黒で塗られていたと思われていたが、2015年にレントゲン写真を撮った結果、白いリネン上に黒を塗っただけではないことがわかった。単色の正方形の下には、複雑な幾何学的な物体が色彩豊かに描かれている。

祖国から嫌われた画家

マレーヴィチの死後、この作品はソビエト連邦のもと最悪の状態で保存されていたため、ヒビが入り腐敗してしまった。この事からソビエト連邦の軍人であるスターリンがマレーヴィチを軽蔑していた事が明らかだ。祖国からは敬遠され感謝こそされなっかったが、芸術史に多大な影響を与え続けている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カジミール・マレーヴィチ
  • 作品名黒の正方形
  • 英語名Black Square
  • 分類絵画
  • 制作年1915年 - 不明
  • 製作国ロシア
  • 所蔵トレチャコフ美術館 (ロシア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ10.6cm
  • 横幅10.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 黒の正方形の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。