作品概要

ルーサー・バーバンクの肖像》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1931年から1931年で、ドローレス・オルメド・パティニョ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ルーサー・バーバンクの肖像》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1931年に制作された作品である。ドローレス・オルメド・パティニョ美術館に所蔵されている。

交雑種の園芸家の肖像

この肖像画は、珍しい野菜と果物の交雑種を栽培したことで有名な園芸家、ルーサー・バーバンクを描いている。この肖像画では、バーバンクは半分は人の姿であるが、残りの半分が木と混ざっているように見える。バーバンクは根のない交雑種を持っているが、彼自身も明らかにその「交雑種」であり、彼自身が植えられているということを示している。

彼の体の下部は木の幹として描かれており、根は彼自身の死体から栄養を吸っている。この作品は、フリーダが好んだ主題である「死による生命の受精」を描いた最初の作品である。バーバンクは、1926年に亡くなった後、カリフォルニアの自宅の木の下に埋められた。これはその暗喩である。

シュルレアリスムの影響など

この肖像画において、フリーダははじめて外的な主題の直接的な描写から目をそらした。サンフランシスコに滞在していたときにシュルレアリスムに触れたため、その様式に影響された可能性がある。もう一つの推測は、この絵の様式はメキシコという彼女自身の背景から直接来たものであるということである。メキシコの文化では、人間が植物や動物に変化すると信じられている。これは、メキシコ美術ではよくある主題である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名ルーサー・バーバンクの肖像
  • 英語名Portrait of Luther Burbank
  • 分類絵画
  • 制作年1931年 - 1931年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵ドローレス・オルメド・パティニョ美術館 (メキシコ)
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ87cm
  • 横幅62cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ルーサー・バーバンクの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。