作品概要

ドナ・ロジータ・モリーロの肖像》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1944年から1944年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ドナ・ロジータ・モリーロの肖像》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1944年に制作された作品である。

リアルな肖像画

通常フリーダが人々の肖像画を描くとき、彼女は感情と空想を用いて、その人の真実の姿を作り出すという意図を見失っていた可能性がある。フリーダの描いた自画像と比較すると、肖像画はほとんどの場合でそれほど強力ではなく、独創性も低いものとなっている。しかし本作は例外である。フリーダ・カーロは、親切で賢明な初老の女性の肖像画を、非常に洗練されたリアリズムで細部にわたって描き出した。鑑賞者はこの肖像画の人物が本物であり、ほとんど手を差し伸べて触れることができるように感じることができる。

お気に入りの肖像画

フリーダは、自画像の背景として緑豊かな葉を使用することを好んだ。しかし、彼女はこの絵に、緑ではなく紅葉を描いた。これはおそらく、この肖像画のモデルが人生の秋にさしかかったことを示している。フリーダはこの絵をとても思いやりのあるものとして描いており、彼女の作品の中でも最も詳細なものの一つであるといえる。

この肖像画のモデルは、メキシコの外務省に勤めていたエドゥアルド・モリーロの母親である。エドゥアルドは何年にもわたってフリーダから30枚以上の絵を購入し、家族のために肖像画を描くように彼女に依頼した。この肖像画は、フリーダのお気に入りの作品の一つである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名ドナ・ロジータ・モリーロの肖像
  • 英語名Portrait of Dona Rosita Morillo
  • 分類絵画
  • 制作年1944年 - 1944年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人 (メキシコ)
  • 種類油彩、メゾナイトに貼りつけたキャンヴァス
  • 高さ75.5cm
  • 横幅59.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ドナ・ロジータ・モリーロの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。