作品概要

白いドレスの女の肖像》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1930?年から1930?年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《白いドレスの女の肖像》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって制作された作品である。

不明のモデル

この未完成作に描かれた女性が誰であるかは、不明である。この肖像画の様式を鑑みるに、1930年頃に描かれたものである可能性が高い。当時フリーダとディエゴ・リベラは、サンフランシスコに住んでいた。そこでフリーダはいくつかの肖像画を描いている。ほとんどは彼らの友人やリベラの助手の妻のために描かれたものである。この女性は彼らの知人であるかもしれない。彫刻家ラルフ・スタックポールの親戚であるという見解もある。フリーダとディエゴ夫妻は、サンフランシスコにいる間、彼と同居していた。

無垢と純粋

この肖像画は、フリーダが1929年に描いた””Time Flies””という自画像と非常に似た様式となっている。若い女性が白いドレスを着て、バルコニーの窓の前、カーテンの間でポーズをとっている。本作は、無垢と純粋さの感覚を伝えている。

しかし、フリーダがこの絵を完成させなかった理由は誰も知らない。この不思議な女性はフリーダの最初の女性の恋人であるという見解もある。絵が完成する前に関係が突然終わったというのだ。あるいは、この女性は単なる知人であり、完成前に彼らの友情が予想外に終わってしまったと述べる者もいる。

画面上部のリボンは、空のままである。そこに何かが書かれていさえすれば、我々はこの絵の謎を解明することができたかもしれない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名白いドレスの女の肖像
  • 英語名Portrait of a woman in white
  • 分類絵画
  • 制作年1930?年 - 1930?年
  • 製作国アメリカ?
  • 所蔵個人 (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ119cm
  • 横幅81cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 白いドレスの女の肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。