作品概要

吹雪の後の村の朝》は、画家のカジミール・マレーヴィチによって制作された作品。制作年は1912年から1913年で、ソロモン・R・グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《吹雪の後の村の朝》は、ロシアの男性画家のカジミール・マレーヴィチによって1912年に制作された作品である。アメリカ、ソロモン・R・グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

幼少期の頃の経験からの才能の開花

マレーヴィチは恵まれた環境で育ったわけではない。ロシアでの芸術教育が乏しかったが、彼の幼少期の鮮やかな記憶が彼の作品制作の成功に大きく影響している。特にこの《吹雪の後の村の朝》は、幼少期に経験した過酷な自然環境での生活を描くことで、彼の芸術家としての成功までの苦労を表現している。もし芸術が明るく豊かな未来を作り出すとするならば、農民の過酷な生活を描いた作品を革命間際に制作したことは単なる偶然ではないはずである。

完璧な立体未来主義

《吹雪の後の村の朝》は複雑な色と配置した完璧なロシアの立体未来主義の作品である。ただの立体主義ではなく、幾何学的なフォルムを使用した方法で描かれている。この作品はマレーヴィチの初期の作品であり、まだシュプレマティスムの雰囲気はまだ全面的に表れていない。ロシア絵画は、大抵二つのカテゴリ、ユニークなアートスタイル、あるいは国民の生活の様子を優れたテクニックで描かれた作品に分けられる。マレーヴィチの作品は前者の方に振り分けられることが多いが、この作品は人々の生活の様子が描かれている。農民が吹雪の中を歩いている描写は、5年後のロシア革命の背景との関係を示しているのかもしれない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カジミール・マレーヴィチ
  • 作品名吹雪の後の村の朝
  • 英語名Morning in the Village after Snowstorm
  • 分類絵画
  • 制作年1912年 - 1913年
  • 製作国ロシア
  • 所蔵ソロモン・R・グッゲンハイム美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ80cm
  • 横幅80cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 吹雪の後の村の朝の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。