作品概要

マルクス主義は病人に健康を与える》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1954年から1954年で、フリーダ・カーロ博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《マルクス主義は病人に健康を与える》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1954年に制作された作品である。フリーダ・カーロ博物館に所蔵されている。

ユートピア的信念

フリーダ・カーロは18歳のとき、乗っていたバスと路面電車の衝突事故で重傷を負った。事故後、社会主義に傾倒し、メキシコ共産党に入党している。

フリーダ・カーロは、その晩年の数年間で、作品に政治的な見解を導入することによって「党に仕え」、「革命に利益をもたらす」ことを試みた。この作品は、フリーダとこの世のすべての人々が痛みや苦しみから解放され、政治的信念によって救われるという、フリーダが抱いていたユートピア的信念のあらわれとなっている。

平和を描いた未完成作

フリーダは革製のコルセットを身に着けており、分かれた背景を背に立っている。背景の半分は平和と良いものを表しているが、もう片方は悪と破壊に脅かされている。彼女はマルクス主義の象徴である二つの大きな手によって癒されている。手にはマルクス主義の赤い本を持っており、松葉杖からも解放されている。フリーダは後にこの絵について、「私はもはや泣いていない。初めてのことだ」とコメントした。

この絵は彼女の描いた最後の肖像画であり、未完成作である。原題は、「マルクス主義の科学が、病人とヤンキー資本主義によって抑圧された人々を救うことができるような地上の平和」であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名マルクス主義は病人に健康を与える
  • 英語名Marxism will give health to the sick
  • 分類絵画
  • 制作年1954年 - 1954年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵フリーダ・カーロ博物館 (メキシコ)
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ76cm
  • 横幅61cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • マルクス主義は病人に健康を与えるの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。