作品概要

生きている自然》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1952年から1952年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《生きている自然》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1952年に制作された作品である。

晩年期の静物画

50代の頃、フリーダは多くの人々に静物画を描いていた。彼女は当時、痛みのために家から出ることはもちろん、ベッドから出ることすらできなかった。この作品では、空は昼と夜に分けられており、太陽と月の両方が存在している。画面の大部分には、構成品が展示されている。地面から育てられた食物は根でつながっている。それは「Naturaleza Viva」(生きている自然)という言葉を構成し、それによって画家は「Naturaleza Muerta」(静物)に含まれる「死」という意味を拒否している。

借金の返済

フリーダがこの作品を描いていた時、彼女は病院での入院生活から退院していた。この絵は、女優ドロレス・デル・リオの依頼によるものである。この肖像画を完成させた後、フリーダはドロレスに手紙を書き、彼女が前もって約束したように、代金の支払いを頼んだ。金額は1,000ペソであった。彼女は医療費を借金していたので、ドロレスへの手紙でフリーダは、なんとしてもお金を必要としていると書いた。フリーダはディエゴの助手がドロレスに絵を届けた際、彼に支払いをするように頼んだ。

フリーダからドロレスへの手紙の内容をディエゴ・リベラが知ったとき、彼は非常に怒った。彼はすぐにお金をドロレスに返金し、フリーダに代わって謝罪した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名生きている自然
  • 英語名Living nature
  • 分類絵画
  • 制作年1952年 - 1952年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人 (メキシコ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ44cm
  • 横幅59.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 生きている自然の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。