作品概要

フリーダと帝王切開》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1932年から1932年で、ドローレス・オルメド・パティニョ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《フリーダと帝王切開》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1932年に制作された作品である。メキシコのドローレス・オルメド・パティニョ美術館に所蔵されている。

流産後に描いた作品

1932年5月上旬、デトロイトにいたフリーダは再び妊娠した。彼女は、若い時のバス事故の影響により1930年にも流産しており、妊娠にリスクがあることを知っていた。夫であるディエゴも、子供を持つことを欲していなかった。そのため前回と同じように、中絶により妊娠を中止することを選択した。地元のデトロイトの専門家が、早産を強要するために薬とひまし油を与えたが、失敗した。フリーダは妊娠を臨月まで継続することを選んだ。医師はフリーダに帝王切開によって出産することができると告げたが、残念ながらそれは実現しなかった。7月4日、彼女は流産という恐ろしい出来事を耐え抜くことになった。

帝王切開という希望と恐怖の表現

フリーダは、流産からの物理的かつ心理的な痛みため、この作品を仕上げることができなかった。この絵は、胎児を帝王切開で出産した場合にどうなるかを描いたものである。彼女は出産後、赤ん坊を隣に寝かせた。この絵はまた、希望と恐怖の表現でもある。残念ながら希望は砕かれている。その5日後に始めた彼女の別の作品では、元々の奉納画の様式に戻っている。この《ヘンリー・フォード病院》で、フリーダは流産の恐怖を描いた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名フリーダと帝王切開
  • 英語名Frida and Cesarean Operation
  • 分類絵画
  • 制作年1932年 - 1932年
  • 製作国不明
  • 所蔵ドローレス・オルメド・パティニョ美術館 (メキシコ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ73cm
  • 横幅62cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • フリーダと帝王切開の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。