作品概要

ディエゴとフリーダ 1929-1944》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1944年から1944年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ディエゴとフリーダ 1929-1944》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1944年に制作された作品である。

フリーダから夫ディエゴへの贈り物

フリーダは1929年8月、著名な壁画家であったディエゴ・リベラと出会って結婚をした。三度の流産を経て1939年11月に離婚するも、1940年12月に再婚した。この作品は、夫ディエゴリベラに対する結婚15周年の記念プレゼントとして、フリーダ・カーロによって描かれたものである。彼女は後で彼女自身が持つために、この絵の別のバージョンを描き直している。タイトルに示された年、1929-1944は、彼らの結婚年数(1939年から1940年にかけて離婚していた短い期間を除く)を表している。本作は、リベラに対するフリーダの深い愛を表現している。 この肖像画において、彼らは夫婦としてではなく、一人の人間として描かれている。 両方の半分の顔が一つとなり、完全なものとなっている。

結びつき愛し合う二人

この作品は、彼らのイメージとアイデンティティの両方を混ぜ合わせている。彼女はそれぞれの顔の半分から、一つの頭を作り出した。この頭はたくさんの枝によって結び付けられている。それは彼らがどれほど深くお互いを愛し合っているかを意味している。太陽と月は夫と妻の象徴であり、フリーダとディエゴ夫婦が愛し合っていることが示されている。 画面の一番下にある接合されたホタテと巻き貝は、彼らの愛の結合の象徴である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名ディエゴとフリーダ 1929-1944
  • 英語名Diego and frida 1929-1944
  • 分類絵画
  • 制作年1944年 - 1944年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人 (メキシコ)
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ13cm
  • 横幅8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ディエゴとフリーダ 1929-1944の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。