作品概要

自画像》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1948年から1948年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《自画像》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1948年に制作された作品である。

1948年に描かれた唯一の作品

1948年、フリーダの健康状態は悪化していた。この自画像は、彼女が同年描いた唯一の作品である。この自画像で、彼女は夫のディエゴ・リベラが大いに賞賛していた伝統的なテワナ衣装を着ている。しかし、レースのひだ襟が画面のほとんどを占めており、彼女はそこに閉じ込められているように見える。顔は落ち着いており無表情に見えるが、涙を流している。わずかに描かれた口ひげは、彼女をより男性的な風貌に見せている。

治療費支払いのために使われた

この作品は、歯医者であり彼女の個人的な友人でもあったサミュエル・ファストリヒト士によって依頼された。フリーダは晩年、多くの費用を支払うために絵を用いた。サミュエル・ファストリヒト博士への手紙の中で、フリーダは長期にわたる肉体的苦痛のため、この作品を描くのに非常に時間がかかることを謝罪している。

「この気分は、自然に自画像に反映されています。おそらくあなたはこの作品を気に入らないでしょう」

彼女はこの作品に2500ドルを要求した。フリーダは、彼女の絵は現在3000ドルで売られているが、歯医者が彼女に提供した歯科費用500ドルをそれで支払うと依頼者に告げた。彼女はまた、歯科費用を2枚の静物画で彼に支払ったことでも知られている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名自画像
  • 英語名Self Portrait
  • 分類絵画
  • 制作年1948年 - 1948年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人 (メキシコ)
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ50cm
  • 横幅39.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。