作品概要

モーセ》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1945年から1945年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《モーセ》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1945年に制作された作品である。

フロイトの著書の解釈

この絵はベジャス・アルテス宮殿で行われる美術展で二等賞をとった作品であり、「創造の核」という画題で呼ばれることもあるものである。しかしフリーダはこの絵の説明文の中で、本作を「モーセ」と呼んだ。

この作品は、ドン・ホセ・ドミンゴ・ラヴィンによって依頼された。ラヴィンはフリーダに、フロイトの「モーセと一神教」という本を読み、この本に対する彼女の理解と解釈を描くよう依頼した。フリーダは1942年、この作品の前にラヴィンの妻の肖像画を描いている。

第三の目を持つ赤ん坊

この絵はおそらく、壁画家として有名な彼女の夫ディエゴ・リベラの影響の結果として、ミニチュアの壁画として描かれた。この絵には、中心に額に第三の目を持つ赤ん坊が描かれている。この赤ん坊の顔は、ディエゴ・リベラに似ている。フリーダは他の作品においても、知恵の第三の目を持った姿で彼を描いている。

生と死のサイクル

太陽の下にいる胎児は、英雄、神々、他の人間や死の手に囲まれている。枯れ木の幹から伸びている枝があるが、フリーダは他の多くの絵画でこれを世界の生と死のサイクルを表現するのに用いている。

「私はその本を一度だけ読んで、第一印象から絵を始めた。後でもう一度読み、その作品が不適切であり、フロイトが彼の『モーセ』で分析した解釈とは全く異なると思ったことを告白せねばならない。しかし、今や本作を変える方法はない」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名モーセ
  • 英語名Moses
  • 分類絵画
  • 制作年1945年 - 1945年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ61cm
  • 横幅75.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • モーセの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。