作品概要

森の中の二人のヌード》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1939年から1939年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《森の中の二人のヌード》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1939年に制作された作品である。

友人への贈り物

この絵はもともと《大地そのもの》という題名で、フリーダが自身の親しいガールフレンドであるメキシコの女優、ドロレス・デル・リオに贈ったものである。

この作品は1989年にサザビーズによって競売にかけられ、ラテンアメリカの芸術を専門とするニューヨークの画廊のオーナーであるメアリー・アン・マーティンに16万ドルで売却された。マドンナもこの作品を手に入れようとしていたが、できなかった。

フリーダの二元性

フリーダは、夫であるディエゴ・リベラにさえも、彼女のバイセクシュアルティを隠そうとしなかった。この絵は彼女のあいまいなセクシュアリティを明らかにしている。

2人の裸の女性が森の背景に座っている。白い肌の女性は、別の暗い肌の女性の膝の上に頭を置いている。そして背景には猿がおり、この場面は彼によって見守られている。フリーダはペットとして猿を飼っており、彼女の自画像にもたびたび登場させたが、猿は伝統的に、悪魔と罪の象徴である。この絵は性的なものではないという見解もあるが、フリーダの二元性の二つの側面――ヨーロッパとネイティブ・メキシカン、慰める人と慰められている人――を示していると言える。この作品に描かれているこの二つの裸体像は、フリーダの他の作品《水がくれたもの》にも描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名森の中の二人のヌード
  • 英語名Two Nudes in the Forest
  • 分類絵画
  • 制作年1939年 - 1939年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ25cm
  • 横幅30.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 森の中の二人のヌードの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。