作品概要

メキシコの四人の住民》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1938年から1938年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《メキシコの四人の住民》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1938年に制作された作品である。

四人の住民と幼いフリーダ

《私の祖父母、両親そして私(家系図)》(1936年)において、彼女は家系図のリボンを持っており、青い家の中庭の壁に守られていた。彼女が本作《メキシコの四人の住民》で4歳前後の自分自身を描いた2年後、彼女は遺物に焦点を当てたキャラクターにより、祖先とのつながりからメキシコへの縛りへと焦点を移した。この絵は、4つの個性――ユダヤ人、ナヤリトの先コロンブス期のシンボル、子供が死者の日にぶら下げる骸骨、およびロバに乗っているわら人形を描いている。

フリーダに関心を払わない住民たち

この絵では、フリーダは地面に座って指を吸い、スカートを握っている小さな子供として描かれている。彼女は母親に放置されて失望している。彼女は妊娠した姿の泥人形に驚いているように見える。泥人形の足の前部が欠けているのは、1930年代に足の手術を受けたフリーダを想起させる。イメージが十分であるにもかかわらず、この母親の姿は、《乳母と私》で描かれたマスク姿の乳母よりも生気が感じられない。疑いの余地なく、四人の住民の誰もがフリーダに注意を示していない。彼女は斜めに伸びる影によってのみ彼らとつながっている。壮大な広場は、子供の視界を反映したものであろう。この作品は、ひどい悪夢のようである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名メキシコの四人の住民
  • 英語名Four Inhabitants of Mexico
  • 分類絵画
  • 制作年1938年 - 1938年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ32.4cm
  • 横幅47.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • メキシコの四人の住民の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。