作品概要

二人の女》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1929年から1929年で、ボストン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《二人の女》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1929年に制作された作品である。ボストン美術館に所蔵されている。

土着主義の影響

この作品は、2人のネイティブメキシカンの女性を描いたものである。フリーダ・カーロは1929年8月に、既にメキシコにおいて有名な画家であったディエゴ・リベラと結婚した。フリーダはその後、ディエゴが他のメキシコ革命後の芸術家や知識人と共有した土着主義の信仰に影響された。フリーダとディエゴはメキシコの土着の演劇、ダンス、音楽に夢中になった。彼女はメキシコ絵画において伝統的な衣装を着た最初の女性である。彼らは数多くの土着美術も夫婦で収集した。この影響により、彼女の絵の様式も変わった。彼女は、「私は彼が好きなものを描き始めた。その時から彼は私を賞賛し、私を愛した」と言っている。

ディエゴに触発された作品

この作品においてフリーダは、ゴーギャンの描くタヒチ女性を想起させるような、強く印象的な顔を持つ先住民女性たちを描くというディエゴの方法に従っていた。フリーダはまた、19世紀から20世紀にかけて活動したフランスの画家アンリ・ルソーに対する尊敬の念から、密生した葉を壁のように描いて背景とした。しかしこの作品は夫のディエゴ・リベラに触発されたものと言える。フリーダは、「ディエゴは私に革命的な人生の感覚と真実の色の感覚を見せてくれた」と後に語っている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名二人の女
  • 英語名Two Women
  • 分類絵画
  • 制作年1929年 - 1929年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵ボストン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ69cm
  • 横幅53cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 二人の女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。