作品概要

バス》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1926年から1926年で、ドローレス・オルメド・パティニョ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

持たざる人々

この作品は、フリーダ・カーロの政治的態度に対するディエゴ・リベラの影響をはっきりと示している。何人かの人々がバスの木製ベンチに並んで座っている。彼らはメキシコ社会のさまざまな階級を代表している。左から順に、買い物かごを持っている主婦、オーバーオールを着た肉体労働者、赤ん坊に乳をやっている裸足のネイティブメキシカンの母親、窓の外を眺める少年、お金の袋を持つビジネスマン、そして若い娘である。この娘はフリーダ自身かもしれない。この絵の中で、フリーダは「持たざる人々」に対する同情を示した。彼女はネイティブメキシカンの母親を聖母のように描いた。青い目の欧米人は、資本家を代表している。

バスとディエゴという二度の事故

この絵はまた、1925年に起こり、彼女の人生を永遠に変えたバス事故を描いたものである。 フリーダはかつて、「私は人生で重大な事故を2回経験した」と言った。 「路面電車と衝突したことと……もう一つの事故はディエゴだ」と。ディエゴとフリーダの関係は、肉体的であり、精神的でもあった。

両者間の最も強力な絆は、互いの芸術に対する憧れである。ディエゴは彼女にとって最大の芸術家であり、彼女は彼を「人生の建築家」と呼んだ。ディエゴにとってフリーダは「多くの劣った宝石の中のダイヤモンド」であり、「この時代における最高の画家」であった。

フリーダの芸術に対するディエゴの励ましと批評は、彼女にとって不可欠なものであった。そして、彼女の絵を描くことへの推進力の一部は、彼を喜ばせたいという欲求に起因していた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名バス
  • 英語名The Bus
  • 分類絵画
  • 制作年1926年 - 1926年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵ドローレス・オルメド・パティニョ美術館 (メキシコ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ26cm
  • 横幅55.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • バスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。