作品概要

希望の樹、しっかりと立て》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1946年から1946年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

手術後に書かれた作品

フリーダがアメリカからメキシコに戻った後、彼女はしばらく寝込み、鋼製のコルセットを8ヶ月間着用していた。しかし、彼女の健康状態は改善するどころか悪化した。彼女は背骨に激しい痛みを感じ、長期にわたる痛みのために食欲を失った。しかし、彼女はまだ絵を描き続け、友人に書いた手紙の中で、この作品について「卑劣な手術の結果に過ぎない」と述べている。

二人のフリーダ

この絵では、暗い空の下で太陽と月が背景を半分に分けている。中心にいるフリーダは、赤いテワナ衣装で座って泣いている。それにもかかわらず、彼女は強く、自信に満ちている。二人目のフリーダは、麻酔をかけられて担架で寝ている。切開の跡がまだ開いていて、血が滴っている。フリーダは、木製の椅子に座りながらピンク色の整形外科用コルセットを持っている。彼女のもう一方の手には、「希望の樹、しっかりと立て」と書かれた旗を持っている。

自身の救済者

旗竿の上に、血で染まった手術器具のような赤い先端、または赤いペンキを浸した絵筆のようなものがある。彼女の後ろの不毛な風景は、背中の傷の比喩である2つの亀裂を持っている。

フリーダは彼女のパトロンのエドゥアルド・モリロ・サファのためにこの絵を描いた。彼への手紙の中でフリーダはこう書いている。「生きるという私の意志に直面し、逃げる骸骨(または死)がいる」。しかし彼女は後にエドゥアルドを喜ばせるために骸骨を取り除いた。しかし、彼女は死の脅威を排除することはできない。

この肖像画では、二人のフリーダをまとめることによって、1つは虐待された悲劇の犠牲者であり、もう1つは英雄的な生存者であり、画家はそれを祭壇画、および信仰の行為として使用した。フリーダは彼女の運命を司り、彼女自身の救済者、英雄となった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名希望の樹、しっかりと立て
  • 英語名Tree of Hope, Keep Firm
  • 分類絵画
  • 制作年1946年 - 1946年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人 (フランス)
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ55.9cm
  • 横幅40.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 希望の樹、しっかりと立ての感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。