作品概要

ベルベット・ドレスの自画像》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1926年から1926年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ベルベット・ドレスの自画像》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1926年に制作された作品である。

初期の自画像

この作品は、フリーダ・カーロの初期の自画像の一つである。フリーダはこの作品を、恋人からの愛情を取り戻すために愛のしるしとして用いた。この作品は、恋人アレハンドロとの関係がうまくいかなくなり始めた1926年の晩夏に制作された。フリーダは彼に手紙を書き、彼女が彼に値するより良い人になることを約束した。そして、1926年9月にこの自画像を感性させ、手紙にこう書いた。

「何日かの間にその肖像画はあなたの家に届きます。額をつけずに送ることを許してください。あなたが私を見ていると感じられるような、低い場所に飾ってもらえるよう願います。」

恋人をつなぎとめる力

この自画像の中で、フリーダはワインレッドのベルベット・ドレスを着ており、姫のように見える。彼女はこれをアレハンドロに送ることで、彼の心に彼女が留まることを望んだ。これはうまくいった。アレハンドロがこの絵を受け取った後、二人の仲は再び戻った。

しかし彼は1927年3月にヨーロッパへと発った。多くの手紙の中で、彼女はこの作品を「あなたのボッティチェリ」と呼んだ。彼女は手紙にこう書いている。「アレックス、あなたのボッティチェリはとても悲しくなってしまった、けれども私はあなたが帰ってくるまで彼女に眠っているように伝えた。それにもかかわらず、彼女はいつもあなたを覚えている」

フリーダは、明らかに彼女の自画像が彼の愛を取り戻すことができる魔法の力を持っていることを望んでいた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名ベルベット・ドレスの自画像
  • 英語名Self Portrait in a Velvet Dress
  • 分類絵画
  • 制作年1926年 - 1926年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ79cm
  • 横幅58cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ベルベット・ドレスの自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。