作品概要

私のドレスがそこにかかっている》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1933年から1933年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《私のドレスがそこにかかっている》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1933年に制作された作品である。

アメリカからメキシコに帰国する際の作品

アメリカに3年間滞在した後、フリーダはメキシコに戻りたいと考え始めた。しかし彼女の夫であるディエゴ・リベラは、彼がこの国において得た名声と人気を楽しんでおり、戻る気持ちはなかった。この作品は、この対立の結果である。

フリーダ・カーロは、アメリカの資本主義の表在性を表現しようとしていた。この絵はアメリカの現代産業社会の象徴で満たされているが、それは同時に、社会が衰退し、基本的な人間的価値が破壊されていることを意味している。この絵とは対照的に、ディエゴ・リベラはロックフェラーセンターの壁画に取り組み、アメリカの産業の進歩に対する肯定的な立場を示した。

ドレスだけで体はない

画家の顔が描かれる他の作品とは違い、この絵にはフリーダ・カーロという焦点が欠けている。彼女はそこににかかっている一着のドレスを、混沌を背景にして描いているだけである。 「私はアメリカにいるかもしれないが、そこには私の服がかかっているだけで、私の命はメキシコにあるのだ」と訴えているようである。

フリーダはまだニューヨークにいる間にこの絵の製作を始め、ディエゴとメキシコに戻った後に完成させた。彼女はこの絵の裏にチョークで次のように書いている。「ディエゴがロックフェラーセンターで壁画を描いていたとき、私はニューヨークでこれを描いた」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名私のドレスがそこにかかっている
  • 英語名My Dress Hangs There
  • 分類絵画
  • 制作年1933年 - 1933年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人
  • 種類油彩
  • 高さ46cm
  • 横幅56cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 私のドレスがそこにかかっているの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。