作品概要

ディエゴと私》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1949年から1949年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

夫の浮気に対する苦痛

この作品は、夫ディエゴ・リベラに対するフリーダの大いなる苦悩を描き出している。離婚前後の時期、彼はマリア・フェリクスと浮気をした。マリアは美しい映画スターであり、フリーダの親しい友人でもあった。フリーダはディエゴの他の浮気のように、この浮気について冗談を言っていたにもかかわらず、この作品はフリーダが深く傷つけられたことを示している。

この絵の中で、彼女は首の周りを回るような緩い髪型をしている。彼女の苦痛の原因が夫のディエゴであることは明らかである。眉毛はディエゴの舞台の役割を果たしている。彼の精神的および視覚的な熱意をほのめかしている第三の目が額に開いている。5つの目によるピラミッドのうち、ただフリーダのものだけが鑑賞者と視線を合わせている。ディエゴは、鑑賞者の頭上を越えて過去を見つめている。

ディエゴへの愛

常にフリーダがディエゴについて考えていたことは、彼女の日記でも明らかにされていり。その多くは「ディエゴ、私は孤独です」などの彼への愛の詩である。「私のディエゴ。私はもう一人ではない。あなたは私と一緒にいる。あなたは私を眠らせ、よみがえらせる。」

もっとロマンチックな瞬間、彼女はこう書いた。「ディエゴ:あなたの手、あなたの目の黄金色に匹敵するもの何もない。私の体はずっとあなた自身でいっぱい。あなたは夜の鏡。激しい稲妻の光、大地のうるおい。あなたの脇の下は私の避難所。私の指先があなたの血に触れる。私のすべての喜びは、あなたの人生が、あなたに属する私の神経を満たす泉の花から飛び出すのを感じること」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名ディエゴと私
  • 英語名Diego and I
  • 分類絵画
  • 制作年1949年 - 1949年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ29.5cm
  • 横幅22.4cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ディエゴと私の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。