作品概要

私とオウム》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1941年から1941年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《私とオウム》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1941年に制作された作品である。

離婚した夫との再婚直後の作品

フリーダ・カーロは18歳のとき、乗っていたバスと路面電車の衝突事故で重傷を負い、痛みと戦う病院生活の中で絵を描き始めた。その後著名な壁画家であったディエゴ・リベラと出会って結婚するも、三度の流産を経て1939年11月に離婚する。しかし彼らは1940年12月に再婚した。この時期、フリーダはある程度穏やかな日常生活に落ち着いたようである。彼らは再婚していても、別居を続けていた。

フリーダは彼女が好んだ郊外の環境で、動物、人形や花と一緒に暮らした。こうした生活は、彼女の人生の主要な部分を占めている。

ペットと一緒の自画像

カーロは制作した自画像の多くにおいて、猿、犬、オウムなどの動物とともに描かれている。それらはすべて、彼女自身がペットとして飼っていたものである。この作品は、そのような動物と一緒に描かれた自画像のうちの1つである。彼女はこの絵で、四羽のオウムとともに自身を描いた。この自画像を描いたとき、彼女はディエゴと再婚したばかりだったが、1938年、ジュリアン・レヴィのニューヨークのギャラリーにおける最初のフリーダの展覧会において彼女を支援した、成功した写真家であったニコラス・ムライと恋愛関係にあった。彼らは当時、メキシコで出会った。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名私とオウム
  • 英語名Me and My Parrot
  • 分類絵画
  • 制作年1941年 - 1941年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人
  • 種類油彩
  • 高さ81cm
  • 横幅64cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 私とオウムの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。