作品概要

》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1943年から1943年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

生命の樹

この作品の中でフリーダは、すべての命が一つの流れに加わることができるという彼女の信仰を描き出している。ここでフリーダは、彼女の体が窓のように開いてつるを生み出しているように描かれている。これは、数回の流産を経て子供を持てなかった女性としての出産に対する夢である。フリーダの血はぶどうの木を循環し、葉の静脈を越えて伸び、大地に水分を与えている。肘を枕に頭を支えている彼女は、生命の樹になることを夢見ている。また、彼女のカトリック信仰の背景により、血をブドウのつるに流すことによって、キリストの犠牲を模倣しようとしている可能性がある。犠牲というこの含意はまた、彼女の他の絵画のいくつかに反映されているものでもある。

覚めかけた夢

この絵はまた別のフリーダの作品、《看護師と私》と比較することができる。これら二つはお互い逆の存在となっている。《看護師と私》でフリーダは、メキシコ人女性の乳を飲んでいる赤ん坊である。《根》では、大人のフリーダがメキシコの大地を養っている。しかしこの作品では、成就という夢に対していくつかの危険性がある。間もなく夢から覚める可能性があるという危険である。

2006年5月、この作品はニューヨークのサザビーズで競売にかけられ、5,616,000ドルで落札された。落札者は匿名の電話入札者であったが、噂によれば、この匿名の購入者は他のカーロ作品も所有しているスターの「マドンナ」だったという。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名
  • 英語名Roots
  • 分類絵画
  • 制作年1943年 - 1943年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人
  • 種類油彩
  • 高さ30cm
  • 横幅50cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 根の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。