作品概要

泣くココナツ》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1951年から1951年で、ロサンゼルス・カウンティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《泣くココナツ》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1951年に制作された作品である。ロサンゼルス・カウンティ美術館に所蔵されている。

多く描かれた静物画

フリーダ・カーロは18歳のとき、乗っていたバスと路面電車の衝突事故で重傷を負い、痛みと戦う病院生活の中で絵を描き始め、キャリアをスタートさせた画家である。

この静物画は、カーロの後期作品の典型的な例である。より多く描かれた心理的な肖像画と関連づけ、カーロはキャリアを通して静物を描いた。新鮮な果物や野菜などの農産物やメキシコ原産の品を描き、特に次第に病気になるにつれ、多くの小さな静物画を描いた。晩年、健康状態が悪化した結果、この作品における果物の擬人化は、カーロがすべてのものに対して感じる痛みの投射の象徴となっている。

生と死の二元論

豊富で実りある生活を意味する「コルヌコピア」の伝統とは対照的に、ここでココナツは文字通り泣いており、生と死の二元論を暗示している。愛情溢れる個人的な碑文(すべての愛とともに描く フリーダ・カーロ)が描かれた小さなメキシコの旗が、とげのあるナシに突き刺され、カーロが果物を個人的表現の象徴として使用していることを示している。また、すべての自然の贈り物に対する深い尊敬の念を伝えている。

この作品を書いた当時、画家は痛みを和らげるために薬物とアルコールに大きく依存していた。そのため彼女の静物画は、1951年から1953年の間に次第に詳細を描かなくなっていった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名泣くココナツ
  • 英語名Weeping Coconuts
  • 分類絵画
  • 制作年1951年 - 1951年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵ロサンゼルス・カウンティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ23.2cm
  • 横幅30.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 泣くココナツの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。