作品概要

断髪の自画像》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1940年から1940年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《断髪の自画像》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1940年に制作された作品である。ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

離婚した夫に対する非難の絵

カーロは、メキシコの有名な壁画家であるディエゴ・リベラと離婚したわずか数ヶ月後にこの自画像を描いている。ここでは、カーロは男性として描かれている。学者たちは、これを離婚に関するリベラの要求に対する対立的な反応と見ており、女性の誇りに対する画家の負傷感と結婚の失敗に対する自己罰を明らかにしているものとして考えてきた。彼女の男性的な服装は、カーロがスーツを着ることを選んだ若い頃の家族写真を想起させる。切られた髪はまた、画家のアイデンティティの微妙な表現を提示している。多くの髪束の多くが床に散らばっており、左手には1つのハサミを持っている。

髪に象徴されるアイデンティティ

髪を切るという行為は、少女時代と無邪気さの拒絶を象徴しているが、同様に、2人の人々または2つの生き方を結びつける臍帯の切断と見ることもできる。いずれにせよ、髪は伝統的なメキシコ女性としてのカーロのアイデンティティの中心的な要素であり、髪を切る行為において、彼女は以前のアイデンティティのいくつかの側面を拒絶していると言える。

椅子の周り、床に散らばった髪の毛の束は、まるで生きて動いているかのように見える。悲しみに満ちた場面の上に、カーロは残酷を宣言する歌の歌詞と楽譜を描いた。ディエゴは、いつも妻の長い黒髪を賞賛していた。カーロは髪を切った姿を描くことにより、彼女自身の女性としての役割を拒絶している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名断髪の自画像
  • 英語名Self-Portrait with Cropped Hair
  • 分類絵画
  • 制作年1940年 - 1940年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ40cm
  • 横幅28cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 断髪の自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。