作品概要

フラン・チャンと私》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1937年から1937年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

追加された鏡

この作品は、1938年に行われたジュリアン・レヴィのニューヨークのギャラリーにおけるカーロの展覧会で公開され、シュルレアリスムの創設者であるアンドレ・ブルトンを最も魅了した作品の一つとなった。これは画家と彼女のクモザル「フラン・チャン」を描いた肖像画であり、フラン・チャンは画家夫妻が持つことができなかった子供の代理として採用されたシンボルである。肖像画の中の人物の配置は、ルネサンス期の聖母子像に対する画家の興味を示している。

ニューヨークの展覧会の後、二枚目として鏡が入れられた額が追加された。この鏡の挿入は、観客を作品に招待するジェスチャーである。バス事故の後、自宅で過ごした数か月の間に鏡で自分自身を強く見ることによって、カーロは初めて自画像を描き、精神を深く掘り下げた。この観点から考察される鏡の追加は、画家の審美的プロセスと彼女の個人的な内観に対する非常に親密なビジョンを示している。

切望した子供

カーロは、自画像の多くで猿、犬、オウムとともに描かれている。それらはすべてペットとして飼っていたものである。中世以降、カーロによって飼われていた小さなクモザルは、悪魔、異端、異教を象徴すると言われ、ついには人間の堕落、悪徳、そして欲望の具現化を表すようになった。こうしたサルは、過去においては過度の愛の危険性と人間の基本的な本能に対する警告の象徴として描かれていた。カーロは1939年と1940年、再びこの猿を描いている。

1945年のバージョンで、カーロは猿と犬のショロトルも描いている。この小さな犬は、稲妻と死を象徴するアステカ神話の神にちなんで名付けられた。 同じくアステカ神話の神であるケツァルコアトルの双子として知られている。

本作を含むこれらすべての絵画には、カーロの首と動物の首の間をつなぐ「臍帯」のリボンが描かれている。カーロは聖母であり、彼女のペットは自身が切望する聖なる(しかし暗く象徴的な)赤子となっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名フラン・チャンと私
  • 英語名Fulang-Chang and I
  • 分類絵画
  • 制作年1937年 - 1937年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ40cm
  • 横幅28cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • フラン・チャンと私の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。