作品概要

フリーダとディエゴ・リベラ》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1931年から1931年で、サンフランシスコ近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《フリーダとディエゴ・リベラ》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1931年に制作された作品である。サンフランシスコ近代美術館に所蔵されている。

画家ではなく妻としての自分

この作品の中で、カーロは妻の役割をまるで試着するかのように試している。彼女は、画家としてのアイデンティティを前面に出さず、代わりに従順に夫を支える妻としての役割を果たすように、才能がある画家である夫の手を握っている。彼女の画家としての経歴の大部分でそうであるように、カーロは常にリベラの影におり、彼女自身が主役ではなく「リベラの妻」として見られた。彼女が国際的な評価を得たのは、晩年期のことであった。

伝統的な夫婦の肖像画

初期に描かれたこの肖像画は、カーロとリベラの結婚を祝うために描かれた。リベラは彼の芸術的象徴であるパレットと絵筆を持っているが、カーロは自身の役割を妻であることに限定している。

カーロはさらに、メキシコの伝統的なショールであるレボゾと、アステカビーズを身に着けている。これはメキシコの女性、「ラ・メキシカーナ」の典型的な装いである。

人物の位置として妻が夫の左側に描かれているが、これは女性としての妻の道徳的地位が低いことを示す伝統的な夫婦の肖像画の立ち位置に添っている。

翌年に描かれた《フリーダと流産》というスケッチでは、彼女は自分のパレットを持っている。それはまるで胎児を失い、子供を産めなかった経験が、彼女の決意を完全に芸術に移行させたことの象徴のようである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名フリーダとディエゴ・リベラ
  • 英語名Frieda and Diego Rivera
  • 分類絵画
  • 制作年1931年 - 1931年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵サンフランシスコ近代美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ100cm
  • 横幅78.74cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • フリーダとディエゴ・リベラの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。