作品概要

ヘンリー・ティールの肖像》は、画家のアンドリュー・ワイエスによって制作された作品。制作年は1945年から1945年で、シンシナティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ヘンリー・ティールの肖像》は、アメリカの画家アンドリュー・ワイエスによって1945年に制作された作品である。シンシナティ美術館に所蔵されている。

画家の友人の肖像

アンドリュー・ワイエスは1945年に本作を描いた。ヘンリー・ティールはメイン州ティール島の唯一の居住者であるワイエスの友人であった。

ヘンリー・ティールは、日差しの当たらない台所におり、右側の開いた窓から日光を浴びて、鑑賞者からは見えない景色を見渡している。空のテーブルには空の椅子が1つしか残っておらず、ドアは少し開いていて、角には食器棚がある。彼は椅子を窓のそばまで引き寄せ、窓辺に腕を置いている。

この場面は、当初は耐えられないほどの孤独と強い孤立感を醸し出していると理解されていたが、そうだとすると色調の暖かさが奇妙である。場面が朝なのか夜なのか、ヘンリーが何を感じ、何を考えているのかは、一見しただけではわからない。

場面の解釈

台所は塩辛い海の空気と風化した木のにおいがするように描かれ、平和に見える。開いた窓から鳥の声が聞こえ、部屋の中をわずかにそよ風が吹いているようである。ヘンリーは窓の外を見て、彼自身の島の静けさを、現代アメリカの都市の喧騒から遠く離れたところで賞賛している。場面はおそらく朝であり、新たな希望の日の始まりを告げる日の出を地平線上に見ているのだろう。もしくは、良い一日だったという思いを日の入りに反映させているのかもしれない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンドリュー・ワイエス
  • 作品名ヘンリー・ティールの肖像
  • 英語名Portrait of Henry Teel
  • 分類絵画
  • 制作年1945年 - 1945年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵シンシナティ美術館 (アメリカ)
  • 種類テンペラ、パネル
  • 高さ58cm
  • 横幅87.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヘンリー・ティールの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。