作品概要

白昼夢》は、画家のアンドリュー・ワイエスによって制作された作品。制作年は1980年で、アーマンド・ハマー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《白昼夢》は、アメリカの画家アンドリュー・ワイエスによって1980年に制作された作品である。アーマンド・ハマー美術館に所蔵されている。

モデルのヘルガとの関係

ヘルガの肖像画の美しさは、画家と彼のミューズとの間にあった調和と卓越した信頼に起因している。ワイエスは、彼女が静かに息をし、座り、眠る場面を見て賞賛した。画家はかつて彼女を「輝けるプロシア娘」と呼んでいたが、彼女とその影響を受けた画家だけが利用できる二次的現実の中で、定期的に「彼女自身を束縛」した。

秘密の絵画

ワイエスは、驚くほどに、公にその作品を見せることを意図しなかった。「ヘルガ問題」に関する唯一のインタビューにおいて、ワイエスはそれらの作品について「死ぬまで隠しておくことが私の意図だった」と言っている。
実際、15年間にわたってワイエスは240の作品を制作し、それらをすべて秘密にし、世間の目から隔離していた。彼はヘルガ・シリーズと呼ばれるヘルガを描いた一連の作品が完成するまで、彼の妻にさえもその存在を明らかにしなかった。

画家とモデルの愛情

洞察力に富んだ繊細な「ヘルガ・シリーズ」は、ワイエスの最も素晴らしい業績と見なされている。これらの作品は、画家と彼のミューズの間の信頼、愛、そして真の親密さの証となっている。その秘密の美しさは、芸術という普遍的な視覚的言語に翻訳された、深い愛情のこもった感情に根ざしてものとなっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンドリュー・ワイエス
  • 作品名白昼夢
  • 英語名Day Dream
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1980年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵アーマンド・ハマー美術館 (アメリカ)
  • 種類テンペラ、板
  • 高さ51cm
  • 横幅68.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 白昼夢の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。