作品概要

オウム貝》は、画家のアンドリュー・ワイエスによって制作された作品。制作年は1956年で、ワズワース・アテネウム美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《オウム貝》は、アメリカの画家アンドリュー・ワイエスによって1956年に制作された作品である。ワズワース・アテネウム美術館に所蔵されている。

神秘性を描いた画家

20世紀のアメリカで最も有名な写実主義画家の一人であるアンドリュー・ワイエスは、現実世界の神秘性を込めた作品で、伝統的な写実性の概念に挑戦した。写実的な描写で有名である一方、ワイエスの作品はしばしば怪しげな感覚を含んでもいた。そのため、ワイエスをマジックリアリストと評する批評家もいる。

亡き義母の姿

この作品でワイエスは、屋根裏部屋の天蓋付きベッドに座って大きな窓から外を見つめる、故人である義母を描いている。準備画が示すように、ワイエスは寝具のしわ、ドレープの輝き、寝台支柱を描くことに熱中した。しかし本作の主題は死であり、タイトルになっている「オウム貝」は、部屋がやがて空室となることを予測するように、ベッドの足下の木箱の上に乗せられている。

オウム貝の表すもの

興味深いことに、この絵の水彩による習作は、オウム貝ではなく、螺貝が描かれている。螺貝も同じように、象徴として置かれたものであろう。おそらくワイエスは、詩人オリバー・ウェンデル・ホームズ・シニアによる有名な詩への言及として、螺貝をオウム貝に置き換えたものだと思われる。そこでは、オウム貝の拡大し続ける住まいは、完成した人生だけでなく、精神的成長の比喩にもなっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンドリュー・ワイエス
  • 作品名オウム貝
  • 英語名Chambered Nautilus
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1956年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵ワズワース・アテネウム美術館 (アメリカ)
  • 種類テンペラ、パネル
  • 高さ63cm
  • 横幅122cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • オウム貝の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。