作品概要

ウッドストーブ》は、画家のアンドリュー・ワイエスによって制作された作品。制作年は1962年で、ファーンズワース美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ウッドストーブ》は、アメリカの画家アンドリュー・ワイエスによって1962年に制作された作品である。ファーンズワース美術館に所蔵されている。

アメリカの国民的画家の一人

20世紀のアメリカで最も有名な写実主義画家の一人であるアンドリュー・ワイエスは、現実世界の神秘性を込めた作品で、伝統的な写実性の概念に挑戦した。ワイエスは、ペンシルベニア州とメイン州の田園地帯での日常生活の風景、および肖像画を細部に渡って描き、油彩やアクリルの代わりに水彩とテンペラで作品制作をした。写実的な描写で有名である一方、ワイエスの作品はしばしば怪しげな感覚を含んでいる。そのためワイエスをマジックリアリストと評する批評家もいる。

物語的な絵画

アンドリュー・ワイエスはストーリーテラーである。一つの絵が、物語を持っている。彼は自分の思考や感情を比喩的に描いている(比喩的でない絵になることもある)。一つの絵は大きな物語のごく一部と見なされる。この作品は、メイン州のオルソン家で制作された。ワイエスは、そこで有名な《クリスティーナの世界》(1948年、ニューヨーク近代美術館蔵)を含む数百の絵画と習作を描いた。

技法

ワイエスは、テンペラと水彩を両方用いた。彼のテンペラ技法は、例えば《クリスティーナの世界》の芝生のような小さな要素の描写において非常に詳細まで描き出している。これは、下塗りを異なる関連色または反対色の点と線の構造で覆った技法であり、水彩のドライブラッシュ技法に反映された技法である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンドリュー・ワイエス
  • 作品名ウッドストーブ
  • 英語名Wood Stove
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1962年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵ファーンズワース美術館 (アメリカ)
  • 種類ドライブラッシュ
  • 高さ35cm
  • 横幅68cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ウッドストーブの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。