作品概要

若き友》は、画家のアンドリュー・ワイエスによって制作された作品。制作年は1970年で、ティッセン=ボルミネッサ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《若き友》は、アメリカの画家アンドリュー・ワイエスによって1970年に制作された作品である。ティッセン=ボルミネッサ美術館に所蔵されている。

牧場の娘

アンドリュー・ワイエスの勤勉なリアリズムは、彼を最も人気のあるアメリカ人画家の一人にした。1970年に制作された《若き友》というタイトルの肖像画は、平坦な背景に、画面のわずかに左側に位置するケーブルニットのセーターとラクーンハットを身につけた少女を描いている。モデルは、ペンシルベニア州ブランディワインにある画家の家のそばの牧場で働いていた、20歳のシシー・スプランスである。ワイエスは、乗馬中の彼女に目を奪われた。「ある日、私は彼女が牧草地で裸馬に乗っているのを発見した。二つの長い三つ編みが跳ね、顔にかかっていた。彼女はラクーンハットをかぶっていたが、私は彼女がまるで人間ではなく動物であるかのように見えた」

技法と効果

この肖像画は、メゾナイトのパネルに伝統的なテンペラを使用し、明るい素朴な色合い――画家の好んだ色調――で描かれている。ワイエスは1930年代にこの方法を試し始めたが、習熟したのは1970年代初頭以降のことであった。塗料を連続した細かい層に塗ることによって、ワイエス独自のリアリズムに魔法のような神秘的な空気を吹き込む、本物そっくりの雰囲気と時代を超越した感覚を生み出し、細部と質感の正確さを捉えることに成功している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンドリュー・ワイエス
  • 作品名若き友
  • 英語名My Young Friend
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1970年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵ティッセン=ボルミネッサ美術館 (スペイン)
  • 種類テンペラ
  • 高さ81.3cm
  • 横幅63.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 若き友の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。