作品概要

カール》は、画家のアンドリュー・ワイエスによって制作された作品。制作年は1948年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《カール》は、アメリカの画家アンドリュー・ワイエスによって1948年に制作された作品である。ワイエスの隣人の農場主であるカール・カーナーを描いている。

定番のモデルの一人

アンドリュー・ワイエスは、出身地であるチャッズ・フォードを離れたことはめったになく、近所に住んでいた身近な人々だけを描いた。ワイエスの定番のモデルは、第一次世界大戦の古参兵でドイツ移民であるカール・カーナーだった。彼は画家のよき友人であり、1945年から実に三十年間、ワイエスのモデルとなり続けた。

亡き父に似た隣人

カーナーのもとを訪れたワイエスは、彼の軍人としての過去とは対照的な、穏やかで静かな人格に驚いた。昨日は引き金を引かなければならなかった人物は、今日、窓のカーテンの色について思案していた。この様子はワイエスを魅了した。ワイエスはカールに非常に惹かれていた。彼はワイエスに、亡き父親を思い起こさせた。

計算された角度

ワイエスは、第二次世界大戦の混乱が治まって間もなくこの作品に取り掛かった。画家自身が自身の最高の肖像画と考えていたこの作品は、途方もない歴史の重荷の下から現れた人物を描いている。カーナーの他のいくつかの肖像画とは異なり、ここで彼は軍服ではなく、市民の服を着ている。ヘルメット、オーバーコート、武器は描かれていない。天上の肉のフックがはっきりと見える角度は、当然のことながら計算されたものである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンドリュー・ワイエス
  • 作品名カール
  • 英語名Carl
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1948年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵個人
  • 種類テンペラ
  • 高さ59cm
  • 横幅77cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • カールの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。