作品概要

カーナー農場の夕暮れ》は、画家のアンドリュー・ワイエスによって制作された作品。制作年は1970年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《カーナー農場の夕暮れ》は、アメリカの画家アンドリュー・ワイエスによって1970年に制作された作品である。これは、ペンシルベニア州チャッズ・フォードのカーナー農場を描いたワイエスの絵画の1つである。日没時の白い農家と小さな納屋が描かれている。手前には2本の裸の木と、近くの池から流れる小川がある。

ワイエスが好んだ池

画面右にある池は、いくつかのワイエスの作品で描かれているものである。カーナー農場の所有者であるカール・カーナーは、子供たちが遊ぶための小さな池を作っているのを見て、それを作ろうと考え着いた。池は魚を泳がせるため、また冬の間に氷を切るために用いられた。氷は近くの製氷室に入れられた。ワイエスは、時々起こる洪水に魅了され、いくつもの作品でこの池を描いている。

ヘルガとの出会い

本作はドライブラッシュの水彩画で描かれている。彼の自伝によると、ワイエスはカール・カーナーの息子が病気を患っているときにこの作品を制作している。ドイツ人女性ヘルガ・テストーフがこの少年の世話をしており、ワイエスはこの絵に取り組んでいるときに初めて彼女に会ったと主張している。ヘルガは、「ヘルガ・シリーズ」として知られるようになったワイエスの最も有名なモデルの一人である。1978年、ワイエスは最も有名なヘルガの絵画の1つ、《溢れる》を描いた。そこでは、横たわるヘルガの裸体の後ろの窓に、池が溢れる様子が描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンドリュー・ワイエス
  • 作品名カーナー農場の夕暮れ
  • 英語名Evening at Kuerners
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1970年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵個人
  • 種類ドライブラッシュ、水彩
  • 高さ64.77cm
  • 横幅100.97cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • カーナー農場の夕暮れの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。