作品概要

溢れる》は、画家のアンドリュー・ワイエスによって制作された作品。制作年は1978年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

溢れる光と欲望

モデルのヘルガ・テストーフが横たわっている。彼女は薄い白いシーツで部分的に覆われており、胸と陰部の上部をあらわにしている。編んだおさげ髪が胸と左腕に落ち、右腕は頭を横切って、枕の上に置かれている。目は閉じ、ほとんど微笑んでいるように見える。これはヘルガをモデルにした作品では珍しいことである。夜の月明かりが後ろから体に優しく降り注ぎ、開いた窓からは暖かい夏の空気が入ってきているようである。まるで盗撮しているような視点は、画家の情熱的な視線を示唆している。タイトルは、モデルへ注ぐ光が溢れていること、あるいは彼女と一緒にいたいという画家のみだらな欲望を表しているのかもしれない。

ヘルガとの関係

1987年のデビュー以来、ヘルガを描いた数々の絵画は、ワイエスとモデルとの関係について多くの憶測を呼んだ。ワイエスは常にこうした噂を無視して語ったが、これらの絵について、次のように言っている。「私と他の多くの画家との違いは、自分のモデルと個人的に接触する必要があるということだ。多くの画家はモデルの名前さえ思い出せないと言う。私はモデルと恋に落ちなければならない。それは木や犬を描くときと同じことである。私は夢中にならなければならない。ヘルガがカーナーの道を歩いているのを見たとき、それが起こったのだ。彼女は圧倒的な、驚くべき金髪女性であった」

ヘルガ自身は、単に「ヌードが最も聖なるものである。それに近づくことができるのは、神の聖霊であり、魂である。彼は魂を描く」と単純に説明した。二人の関係の正確な性質がどうであれ、彼らがお互いを大いに尊敬していたことに間違いはない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンドリュー・ワイエス
  • 作品名溢れる
  • 英語名Overflow
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1978年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵個人
  • 種類ドライブラッシュ、紙
  • 高さ58.4cm
  • 横幅73.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 溢れるの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。