作品概要

クリスティーナの世界》は、画家のアンドリュー・ワイエスによって制作された作品。制作年は1948年から1948年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

征服に対する正義

アンナ・クリスティーナ・オルソンは、鑑賞者に背を向け、メイン州クッシングの彼女の農家を遠くから見つめている。変性筋疾患を患っていたクリスティーナは、歩くことができなかった。

ワイエスは、彼女は「肉体的には制限されているが、精神的には決して制限されているわけではない」、そして「この挑戦は、ほとんどの人が絶望的だと考える人生の並外れた征服に対する正義を行うことである」と述べた。

彼女のやせた腕と足、細い体は、広大な野の中に孤立した彼女を弱々しく見せている。鑑賞者は、後ろから彼女を見るあいまいな位置に置かれる。この場面にはもろさの感覚が含まれており、これはある種の禁断の感覚に寄与している。

モデルは妻

しかしこれがクリスティーナ・オルソンの真実の肖像であると言うことは、誤解を招く。ピンクのドレスとスリムな四肢は、確かに当時55歳のオルソンのものであったが、ワイエスは実際のモデルとして彼の若い妻ベッツィを用い、クリスティーナの老いた障害のある体を、ベッツィの健康な若い体と融合させた。ワイエスがオルソンの窮状を描写したかったのだとしても、主題は「すべての女性」であると解釈することができる。

暗喩に満ちた絵画

本作は、鑑賞者の想像力に訴える、興味深く開放的な物語を提示している。クリスティーナとは誰だろう?どうして彼女は野原にいるのだろう?あれは彼女の家だろうか?なぜ彼女は這っているのだろう?

一見単純明快な絵画ではあるが、実際にはワイエス独自のマジックリアリズムの特徴が出ている作品である。幻想的でもシュールでもないが、その超写実主義においては、繊細で心をかき乱す要素がある。

ワイエスの絵画は記憶、郷愁、喪失という共通のテーマを探る隠喩に満ちている。画家自身は、「マジック!それは物事を昇華させるものだ。それは深い芸術である絵と単なる物である絵の違いでもある」と言っている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンドリュー・ワイエス
  • 作品名クリスティーナの世界
  • 英語名Christina's World
  • 分類絵画
  • 制作年1948年 - 1948年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館 (アメリカ)
  • 種類テンペラ、パネル
  • 高さ81.9cm
  • 横幅121.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • クリスティーナの世界の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。