作品概要

1946年 冬》は、画家のアンドリュー・ワイエスによって制作された作品。制作年は1946年から1946年で、ノースカロライナ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《1946年 冬》は、アメリカの画家アンドリュー・ワイエスにより1946年に制作された作品である。ノースカロライナ美術館に所蔵されている。

丘を下る男

この作品では、若い男が丘を下っている姿が描かれている。落ち着いた色は寒い冬景色を呼び起こし、画面左上には溶けていない雪の銀色が見える。暖かい服を着こんだ彼が一体誰なのか、どこへ向かっているのか、鑑賞者は疑問を抱える。

列車との衝突事故で亡くなった父

ワイエスは彼の父親の恐ろしい死の後にこの作品を制作した。彼の父親が列車に轢かれたのは、チャズフォードのカーナーズ・ヒルでのことであった。車の中の父と幼い孫は動くこともできず、車掌は列車を止めることができなかった。彼の隣人カール・カーナーは、ワイエスの代理父親となり、農場と丘はその後30年間、ワイエスの絵画の大きなインスピレーションの源となった。

父の死の場所、そして画家自身

ワイエスは、1946年の冬の間中、この作品に取り組んでいた。描かれた丘の向こうには、父親が亡くなった場所があった。ワイエス自身が本作について「これは迷子になった私だ。空中を漂う手は私の自由な魂だ」と語っているように、描かれている人物はワイエス自身である。彼は父親の死を理解しようとしながら、心ここにあらずといった様子で、ぼんやりと目的なく丘を下っている。

ワイエスは、父の肖像画を描くことができなかったという事実を嘆いたが、「丘はついに彼の肖像画になった」と後に述べている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンドリュー・ワイエス
  • 作品名1946年 冬
  • 英語名Winter 1946
  • 分類絵画
  • 制作年1946年 - 1946年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵ノースカロライナ美術館 (アメリカ)
  • 種類テンペラ、パネル
  • 高さ79.7cm
  • 横幅121.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 1946年 冬の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。