作品概要

冬景色》は、画家のアンドリュー・ワイエスによって制作された作品。制作年は1942年で、ホイットニー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

カラスの死体

ワイエスは、冬の風景の中の死んだカラスを鑑賞者に提示している。鑑賞者はカラスを見下ろすのではなく、まるで近くの地面に押しつけられているような視点でこれを見る。背景には、ワイエスの隣人の家を囲む畑が遠くに広がっており、地平線には農家と木々が点在している。この遠近法の効果は、カラスを大きく目立たせており、その重力と死の重要性を示唆している。

散歩中に見つけたカラス

散歩中に死んだカラスを見つけたワイエスは、これを描くためにアトリエに持ち帰った。そのため、この絵のには複数のスケッチ、準備画が存在している。 「カールの畑のひとつにいたこのカラスは、ペンシルベニアの風景の自然と親密さを象徴していた。羽の青黒さは、私が”印象派”から抜け出すのに役立った」とワイエスは追憶している。ワイエスがテンペラ絵の具――当時では珍しい画材――で捉えた素晴らしい細部は、ワイエスが同時代の抽象化の傾向からは逸脱していた事実を強調している。

表面に潜んでいるもの

第二次世界大戦中に描かれたいくつかの作品は、絵画と死者の写真の間の類似点を描いている。さらにワイエスは、アメリカの映画、特に第一次世界大戦後に制作された初期のサイレント戦争映画に魅了され、戦闘シーンの映画の枠組みに触発された。

しかしワイエスは、彼の作品は写真とは関係がないと主張した。本作をより詳しく観察すると、背景の最も遠いところにあるものも、前景のカラスのように繊細かつ複雑に描かれていることがわかる。そうすることで、ワイエスは人間もカメラも捕らえることができなかった空間の描写を行っている。ワイエスのリアリズムは、早い時期から常に「表面に潜んでいるもの」を捉えることを目的としていた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アンドリュー・ワイエス
  • 作品名冬景色
  • 英語名Winter Fields
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1942年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵ホイットニー美術館 (アメリカ)
  • 種類テンペラ、パネル
  • 高さ44cm
  • 横幅104.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 冬景色の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。