作品概要

フェルディナント1世の子女の胸像》は、画家のジュゼッペ・アルチンボルドによって制作された作品。制作年は1563?年で、美術史美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《フェルディナント1世の子女の胸像》は、1563年頃にイタリア人画家ジュゼッペ・アルチンボルドによって制作された油彩画である。美術史美術館に所蔵されている。

ユニークな肖像画家

アルチンボルドは、ユニークな肖像画で知られるイタリアのマニエリスムの画家である。果物や野菜、動物、本、その他のもので構成される彼のコラージュ様式は、真のシュールなウィットを体現している。彼は風変わり(あるいは非常識)であると見なされており、有名な作品も珍品であるとして却下されることもあったが、その実彼の作品は複雑な構成を持ち、パラドックスと寓意に溢れていた。ハプスブルク帝国の皇帝(アルチンボルドは25年以上宮廷画家として働いた)は、彼の作品にとても満足しており、ルドルフ2世は1592年に彼にパラティン伯の称号を与えた。彼の絵はシュルレアリスムの前兆として考えられており、サルバドール・ダリからも高く評価されている。

宮廷画家時代初期の肖像画

この絵は、アルチンボルドがフェルディナント1世の宮廷画家として働いていたときに描かれたものであり、フェルディナント1世の娘の半身を描いた連作のひとつである。連作は7枚の作品から成り、すべてアルチンボルドによるものである。

フェルディナント1世は、妃アンナとの間に15人の子をもうけた。この肖像画はおそらく、イエズス会の精神的指導の下で生きることを誓った、オーストリア大公女マグダレーナを描いている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジュゼッペ・アルチンボルド
  • 作品名フェルディナント1世の子女の胸像
  • 英語名Bust of a Daughter of Ferdinand I
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1563?年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵美術史美術館 (オーストリア)
  • 種類油彩、板
  • 高さ44cm
  • 横幅34cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • フェルディナント1世の子女の胸像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。