作品概要

火(連作・四大元素より)》は、画家のジュゼッペ・アルチンボルドによって制作された作品。制作年は1566年から1566年で、美術史美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《四大元素》は、ルネサンス期である1566年にイタリア人画家ジュゼッペ・アルチンボルドによって制作された連作である。「大地」「大気」「水」「火」から形成されている。神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世の依頼により制作された。

調和の表現

これらの肖像画は、さまざまな動物や物によって形成された横顔で人物を描いている。大地は陸上動物、大気は鳥、水は海洋生物、火は燃える木と大砲より構成されている。この連作は、異なった顔を構成する野生動物を用いた、混乱のない調和のとれた表現への試みである。この作品はまた、マクシミリアン2世への称賛である、彼が四大元素さえも支配する統治者であることを示唆している。

ハプスブルク家への言及

他とは異なり、《火》は無生物から形成されている。火打ち道具が鼻と耳を構成している。燃える木は輝く髪の冠を作り出しており、銃と大砲を体の主要部分としている。火はハプスブルク帝国への言及が最も多い作品である。金色の羊が体の前にぶら下がっているが、これは金羊毛騎士団を表している。神聖ローマ帝国の象徴である双頭の鷲は、胴体に誇らしげに座っている。 2つの大きな大砲は、トルコとの戦争におけるハプスブルク軍の強さを表している。

《四季》との対応

この連作は、アルチンボルドの他の連作《四季》と適合している。これらは同じ四枚の絵から成り立っており、互いに対応している。大気は春、火は夏、大地は秋、水は冬と関連づけられている。これはハプスブルク帝国の調和と栄光にねじ伏せられた「カオス」のテーマを生み出している。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ジュゼッペ・アルチンボルドと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジュゼッペ・アルチンボルド
  • 作品名火(連作・四大元素より)
  • 英語名Fire
  • 分類絵画
  • 制作年1566年 - 1566年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵美術史美術館 (オーストリア)
  • 種類油彩、板
  • 高さ66.5cm
  • 横幅51cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 火(連作・四大元素より)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。