作品概要

大気(連作・四大元素より)》は、画家のジュゼッペ・アルチンボルドによって制作された作品。制作年は1566年から1566年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《四大元素》は、ルネサンス期である1566年にイタリア人画家ジュゼッペ・アルチンボルドによって制作された連作である。神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世の依頼により制作された。

調和の表現

これらの肖像画は、さまざまな動物や物によって形成された横顔で人物を描いている。大地は陸上動物、大気は鳥、水は海洋生物、火は燃える木と大砲より構成されている。この連作は、異なった顔を構成する野生動物を用いた、混乱のない調和のとれた表現への試みである。この作品はまた、マクシミリアン2世への称賛である、彼が四大元素さえも支配する統治者であることを示唆している。

鳥で描かれた「大気」

《大気》は、細い男性の顔を構成するために、多くの鳥の組み合わせによって描かれている。鳥のほとんどは部分的にしか見えず、それによって顔と髪が描き出されている。体は孔雀、髭はキジの尾であり、アヒルはまぶたを構成している。ワシと孔雀はハプスブルク帝国への言及である。これはパトロンである皇帝を喜ばせ、絵画とハプスブルク帝国の間の永久的な絆を表現するためであった。

《四季》との対応

この連作は、アルチンボルドの他の連作《四季》と適合している。これらは同じ四枚の絵から成り立っており、互いに対応している。大気は春、火は夏、大地は秋、水は冬と関連づけられている。これはハプスブルク帝国の調和と栄光にねじ伏せられた「カオス」のテーマを生み出している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジュゼッペ・アルチンボルド
  • 作品名大気(連作・四大元素より)
  • 英語名Air
  • 分類絵画
  • 制作年1566年 - 1566年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ74.5cm
  • 横幅56cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 大気(連作・四大元素より)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。