作品概要

庭師》は、画家のジュゼッペ・アルチンボルドによって制作された作品。制作年は1587年から1590年で、クレモナ市立博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《庭師》は、ジュゼッペ・アルチンボルドによって1587年から1590年にかけて制作された油彩画である。クレモナ市立博物館に所蔵されている。

逆さにして見る上下絵

この作品は、上下逆にして見ることで静物画にも肖像画にもなる、アルチンボルドの上下絵と呼ばれる作品の一つの例である。アルチンボルドは最初に静物画として作品を描き、その後回転させ、顔となるように調整を施したと考えられている。この方法を用いたために、画家は果物の位置を変え、一部を塗り直す必要があった。X線による検査は、その事実を示している。

謎解きの性質

この作品の視覚的な謎解きの性質は、ルネサンス期の興味に応えたものであり、デイヴィッド・アラン・ブラウンは、こうした作品の鑑賞者は「あたかもゲームをしているかのように同じ喜びを分かち合う」と述べている。20世紀以降、このような作品は、錯視、多視点画像、顔認識に関心を持つ心理学者や科学者の関心をも集めている。

解釈

肖像画の構成よりも主題に焦点を当てたエミル・クラン博士とダニエル・マルクス博士は、この肖像画の性的意味を強調し、頬と鼻は男性の性器、唇は女性の性器を彷彿とさせると主張した。彼らは、描かれた人物がギリシャ神話の豊穣の神であり、庭園の保護者であるプリアーポスであることを提案している。これはアルチンボルドの他の神々を描いた作品、例えば《フローラ》(1589年)や《ウェルトゥムヌスに扮するルドルフ2世》(1590-1591年頃)と対応していると言える。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ジュゼッペ・アルチンボルドと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジュゼッペ・アルチンボルド
  • 作品名庭師
  • 英語名Vegetables In A Bowl Or The Gardener
  • 分類絵画
  • 制作年1587年 - 1590年
  • 製作国不明
  • 所蔵クレモナ市立博物館 (イタリア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ36cm
  • 横幅24cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 庭師の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。