作品概要

法律家》は、画家のジュゼッペ・アルチンボルドによって制作された作品。制作年は1566年で、スウェーデン国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《司書》は、ジュゼッペ・アルチンボルドによって1566年に制作された油彩画である。スウェーデン国立美術館に所蔵されている。

醜く不快な肖像画

《法律家》は、法律専門家を描いた不穏な肖像画である。彼の頭は家禽と魚、体は法的文書で構成されている。

こうしたコラージュを用いたそれまでの肖像画(《四大元素》など)においては、アルチンボルドは後援者の高貴さと博愛を表すことを目的としていたが、この肖像画は不信と中傷を意図している。法律家の顔を構成するために肉や家禽を使うことは、モデルに対するアルチンボルドの態度を示している。

法律家の表情は冷笑的であり、その体は腐った肉で構成されている。特に不愉快な要素として挙げられるのは、魚の骨の口ひげ、魚の尾の顎ひげ、そして頭のないカエルで作られた鼻である。

モデルの評判の反映

モデルが特定の法律家であるのかどうかは、はっきりとはわかっていない。しかし、スウェーデン国立美術館によると、この絵はマクシミリアン2世の副宰相、ウルリッヒ・ザシウスを描いたものである。肖像画が実際にザシウスを描いているのならば、作品内の貧弱な光は、彼の皇帝――この肖像画の最初の鑑賞者――への奉仕における不正直さに関する評判の反映である可能性もある。この肖像画はまた、ザシウスが性感染症を罹患した結果である醜い容貌を、アルチンボルドが嘲笑したものである可能性もある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジュゼッペ・アルチンボルド
  • 作品名法律家
  • 英語名The Jurist
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1566年
  • 製作国不明
  • 所蔵スウェーデン国立美術館 (スウェーデン)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ64cm
  • 横幅51cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 法律家の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。